地下室付き住宅のデメリットと改善策

| 投稿者: admin
11月 11 2014 年

お金は無限に手に入る物ではありませんので、家を建てる資金にも限度があります。よって不動産の購入候補地によっては、土地代が高いなどの理由により満足のいく土地を手に入れられないかもしれません。その時に注目すべきが土地の有効活用です。

昨今では建築技術の進歩により、不動産会社へ地下室の発注をすることも可能となりました。地下室を造るということは1フロアー確保する事にも繋がりますので、そのぶん土地を有効活用できるでしょう。しかし事前に把握しておかなければいけないデメリットもあるのです。

まずは単純に工事費が増えます。これは当然の話ではありますが、土を掘り返すなどの一手間が加わりますので、掘削費が幾らかかるのかを依頼先の業者に尋ねた方がいいでしょう。他にも結露しやすいといった問題があるのです。地下室というのは周りが土に覆われた場所に部屋を作ることです。そのため土から滲み出てくる水が原因で、結露が発生しやすい環境だと言えるでしょう。結露は1年を通して問題となり得るテーマのため、防水対策など丁寧に取り組んでくれる業者を選ばなければいけません。

~こだわりの地下室「カラッと地下室21」│大九建設株式会社~

個人的にはコチラ(地下室のHP)の建設業者が有する技術に注目したいところです。地下室付き住宅を数多く手掛けているだけでなく、結露対策となる独自の特許技術も持ち合わせています。普通の住宅を発注することとは違いますので、信頼や実績数だけでなく提供している技術も大事ですよね。

ミクロガードで、ダニをシャットアウト

| 投稿者: admin
3月 25 2013 年

「ミクロガード」の特徴をご存じでしたか?家の中には寝具などに気が付かないうちにダニが付いている可能性があるのです。ミクロガードは、高密度の繊維で出来ているので、重畳構造によって、ダニをシャットアウトしてくれます。ダニって、特にヒョウヒダニは、一般家庭に多くいるのです。

ふとんには、ミシンの針穴であったり布の織りこんでいるあたりに、ダニが入りやすい特徴をもっています。ですからミクロガードは、ダニの好きなミシンの針穴の中に入り込まないように、繊維の生地への工夫が必要だったのです。重畳織物構造によって、ミクロガードの生地を仕上げられたので、ダニの侵入は阻止できるようになったのです。

良く一般的な布団の生地には、綿素材が使われているので、綿がケバ立っていって、ダニなどの住みつきやすい場所となっています。ミクロガードの高密度の繊維は、ケバ立たないので安心です。ミクロガードの優しい肌触りは、まるでシルクのような感触となっているのです。

でも、吸水性と速乾燥力があるので、毛細感現象によってすばやく吸収させてくれるのです。ヒョウヒダニの好む環境をシャットアウトできるように開発されてきたのが、ミクロガードだったのです。サイトでは、詳しくご覧になれていけます。
ミクロガードhttp://www.kurashi-science.com/allergy.htmlでご覧になってみてください。資料請求や各種のお問い合わせるには、インターネットやフリーダイヤルで対応できますので、なんでも疑問になったことは、問い合わせてみてください。

突然の訃報にお悔み電報を「VERY CARD」

| 投稿者: admin
2月 28 2013 年

急な訃報を聞いた際に、都合がつかず葬儀やお通夜に出席できない時はどのようにされていますか。
本来であれば、お世話になった方や、遠方の親戚の大切な式に出席して、励ましの言葉や思い出を口にしたい…。
そう思われる方も多いかと思います。

私はそのような時に「哀悼の意」を「お悔み電報」で伝えるようにしています。電報は簡単ですが、文章の表現に
注意が必要です。相手に失礼にあたらないように配慮することも大人のマナーと言えますね。

今日は私が普段利用しているお悔み電報サービスをご紹介します。
VERY CARDではインターネットから簡単に電報申込みができるサービスで、1通1344円~全国への即日配達ができます。
このサイトの魅力は、冠婚葬祭様々なシーンで活用できる100種類以上の豊富なラインナップがあることです。
贈られた方に思いをこめたメッセージも300文字まで印字ができるので、感謝の意を伝える際には大変有り難いです。
豊富な文例集もあり、急な電報作成の際にも大変助かります。

急ぎで手配したい時には「サプライズ便」が便利です。これは18時までのお申込みで当日配送ができる便利なサービス。対応エリアは都市圏に限られますが、急な訃報の際には一早く哀悼の意を伝えることができます。

お悔み電報で哀悼の意を伝えた際には、後日お伺いをしてご挨拶をするか、お電話で気持ちを伝えることも大切だと思います。便利な世の中ですが、感謝の意を言葉にして伝えることを忘れないようにしたいですね。